スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
左手
2011年04月02日 (土) | 編集 |
今日は気味悪い?写真を。

110402_1801~01-1

マイ左手です


治療するとき、この左手でいろいろな動物を保定してきました。
ここ最近は、ほとんどひとりで治療行為を行うので、左手でおさえて右手で注射したりといったスタイルがほとんどです。
よって大切な左手なんですね~。

特に、この左手の手のひらにすっぽりとほぼ全身が収まるようなサイズの動物たち…ハムスター、スナネズミ、セキセイインコ、ブンチョウ、ハリネズミ…スネークセンターに来るようになってからは、フトアゴヒゲトカゲやいろいろなカメ、今だとトッケイヤモリ。
ヘビはさすがに収まりきりません

前にも書きましたが、素手の感覚を大事にしているので保定は基本的に素手です。
(小鳥類は冷えてしまうということもあってタオルを使うことが多かったですが。末端冷え性のため、やたら手の温度が低いのです

動物たちの状態を感じ取ってきたこの手のひら。
動物たちの最期を迎えたこともあるこの手のひら。

そして、
まだまだ未熟な手のひら。

まだまだがんばらないと。

&大事にしないといけませんね

p.s.手首にあるキズは、グリーンイグアナに引っ掻かれたキズです



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。