スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
できることを、やるべきことを…
2011年03月18日 (金) | 編集 |
計画停電、節電、燃料供給不足など不便な生活が続く中、仕事をしています。友人が何人か被災して気持ちもかなりダメージを受けてますが、やるべきことはやらねば。そして現状で必要なことをやらないと。

獣医としては、動物たちの状態把握、必要に応じて治療など対処するのが責務です。
明らかに普通とは違う環境の中でいかに仕事をこなすか?
ヘビなど爬虫類の場合、ある程度の温度を保つのは非常に重要なことです。
現在はそれほど深刻な状況ではありませんが、やはり普段以上に気をつかいますね。。

まあ、動物たちも元気です
餌も普通に欲しがるし、なんていうか、「この大変な時になんでふつーなんだ?」ともちらりと思ったりしますが、それは筋違いで、動物たちは世の中で起こっていることを認識しているわけではないですし。しっかり世話・治療などをしたいと思います。うちの3匹のうさぎたちも何もなかったかのように見えます

DSC0455412.jpg

ボアに点滴中↑。きのう。

それにしても停電はさまざまなところに影響出てますが、病院や在宅医療など医療関係にとっては本当に大変なことです。こちらの場合は、診療行為自体には大きな影響は出ていませんが、いかに電気に依存しているかが身にしみてわかりました。

この大震災、停電地域もそうですが、甚大な被災を受けた地域でも、人間の被害はもちろんですが、家畜やペットなど多くの動物が被害を受けていると思います。そして避難しても動物の世話などに大きな支障が出ているのは間違いありません。
友人の獣医の動物病院や職場も大きな損害を受けました。

今回の震災では、現在さまざまな人たちが尋常でない働きをしています。
まずは、今置かれている状況で自分のやるべきことをしっかりやっていきます。
引き続き節約と、あとは体調管理!←こういうときはやはりこれが大事だと改めて思いました!
今後獣医師として何らかの支援をする可能性もあります。
そのような事態になったときにこっちがヘロヘロになっていてはお話しになりませんからね

ではまた。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。