スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毒蛇への強制給餌
2010年09月09日 (木) | 編集 |
ここスネークセンターには様々なヘビがいますが、
毒蛇の数が多いのも特徴です。
毒であろうと無毒であろうと病気になります。
病気になったら何らかの処置を講ずるのが獣医の仕事となります。
対象が毒蛇の場合には危険を伴うので総合的な判断が必要です。
でもブラックマンバやタイパンなどの治療なんて
病気にならないでいただきたい


蛇研裏話で紹介した半身不随のヘビ。

実はガラガラヘビです。
ご存じのように毒蛇です。
自分でエサを食べられないのでこちらで食べさせてます。
それほど大きくないヘビなのでひとりでやってます。
でも毒蛇なので気をつけないと。。
頭部はほぼ普通に動くので威嚇して咬もうとしていますので、
咬まれないように首を押さえます。
するとヘビは体をくねらそうとします。
このガラガラは体の後半はほとんど動かせない状態ですが、まったく動かないわけではないので、やはり体をくねらそうとします。そんなときには左腕をフルに使ってヘビの体をなんとか動かないようにするのです。

この強制給餌、実はあまり好きではありません。
ヘビにとってストレスになるからです。
かと言って栄養を摂らせないわけにもいかず…。
ポイントはさっさと手際良くやってあげることですね

でもヘビの場合には種類によって差はありますが、
多くの哺乳類や鳥などと違い、
毎日やらなくてもいいのがまだ救い



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。