スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インドニシキヘビの介護
2010年08月29日 (日) | 編集 |
なかなか更新できずにすいません


もう3年くらいになるでしょうか…。
神経症状を呈しているインドニシキヘビの介護をしています。
自分でエサを食べられず(捕えられない)水も飲めない状態です。
おそらく脳のある部分に障害があると思われ、
正常の動きができず、異様に体が回転したり、ねじれたりしてしまいます。
この病気はヘビではときどき見られ、治すことが難しいもののひとつです。
原因はウイルスなどが考えられています。

さて、ヘビがどのように水を飲むか知ってますか?

口先を水に突っ込んで吸うように飲むんです
(あとで現場!の写真をアップしましょう!)

それをこのインドニシキヘビはほぼできないので、
こちらで飲ませてあげないといけないのです。
ヘビの場合、口に含ませてあげてもなかなか飲まないので
チューブを食道まで入れて飲ませています。
この処置をするには当然ヘビを捕まえて口を開けなくてはいけません
さらに気管に入らないように注意しなくてはいけません。
ただ、ヘビの場合、哺乳類や鳥類と違って、
気管の開口部が口内の比較的前の方にあるので誤挿入はしにくいのです。
口を開けるとすぐにわかりますよ
そのような機会がある人は少ないでしょうけど・・。

そんな感じで毎日ではないですけど、
インドニシキヘビに水を飲ませています。
昨日やりました。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。