スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食べることが何より。
2010年11月02日 (火) | 編集 |
日曜日のイベントも無事に終わりました。
今年は屋内になったのでヘビにとっても人間にとっても条件はよかったかも
ご来場の皆さま、ありがとうございました♪

niitayama2010-1.jpg

さて、翌月曜日に出勤してまずしたこと。

日曜日でイベントに連れていったヘビへのエサやり。

ヘビという動物は人間に触られて喜ぶことはない(たぶん)ので個体差はあるにしろストレスは感じているはずです。
ヘビに触れる機会も決して多くはないと思うので、ぜひとも触れて体感してもらいたいのですが、なるべくヘビに負担のないようにこちらでコントロールしています。
そのストレスの度合いを測る指標にしていることは、触られた後にエサを食べるかどうかです。
これは厳密なことではないですが、何らかのストレスを感じているとエサを食べなくなったりするのも事実です。
さらに専門的なものとして、スネークセンターでは行っていませんが、血液中のストレスホルモンを測定することにより、ストレスの程度を調べた研究もあります。
元々、神経質な動物なのでストレスは感じやすいのだろうと思います。

今回のヘビ(コーンスネーク)はイベント翌日にエサをふつーに食べたのでまずはひと安心

ふだん治療していて目標にしているのもやはりエサを自分で食べるようになるかです。拒食に陥っていたヘビがエサにがっ!と食いついてくれたときのうれしさと言ったら…
獣医師冥利に尽きる瞬間ですね



話は変わりますが、月曜日は昼間に群馬県館林市役所に出張してきました。
職員の方にいろいろお話を伺ってきました(獣医的な話ではないです)。
なんだかんだと忙しいぞ




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。