スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
樹上のトカゲ
2013年05月14日 (火) | 編集 |
こちら草津熱帯圏の展示方法としては、昔ながらのケージ飼育とやや広めのスペースに放し飼いという大きく分けて2種類の展示方法をとっています。

サルやオウムなどは基本的にケージ飼い。爬虫類もヘビやトカゲなどほとんどはケージ飼いです。特にヘビやトカゲの場合はその体や行動の特徴から逃亡という問題があるため、なかなか現状では放し飼いをするのは難しい状況です。そんな中唯一放し飼いにされているトカゲがっ!



ウォータードラゴンというみどり色のトカゲ。カメの飼育場に植えてある木にいつも登っています。このドラゴン、葉の緑に同化しているのもあり、お客さんにあまり気が付かれないみたいです(^^;;



こちらにお越しの際は見つけてみてください
(地上ではカメたちが食事中


現在、このトカゲのような飼育展示方法が他の動物でも可能かどうか考えています。こちらの特徴として、「動物との距離が近い」「多くの動物に触れ合える」などがあります。その特徴を維持しつつ、なおかつ動物の自然な姿を見せる、ことも取り入れたいなと考えています。それには今までにない感性と実行力、統率力が必要です。それにマネー…(ーー;)。クリアしなくてはいけないことは多々ありますが、より多くの人に楽しんでもらうためにはやらねば(他のことでも)ならないんじゃないでしょうか?どうでしょう?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。