スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連れ子
2013年05月31日 (金) | 編集 |
実は草津に来るに当たり、前妻との間の子たちをいっしょに連れてきました









そのひとりが…








こちらでは元々草津にいた子といっしょに暮らしています。天気のよい日には屋外に出してもらってます。カメ担当の職員に世話してもらってるし、イキイキと暮らせているみたいです。連れてきてよかった
スポンサーサイト
肺炎のニシキヘビ
2013年05月26日 (日) | 編集 |
草津熱帯圏でもヘビを飼育していますのでこちらに来てからヘビの治療をいくつか経験しました。

3回ほど経験しているのが肺炎の治療です。これは前職(スネークセンター)でも何回か経験していますが、ヘビの病気の中でも比較的多く見られるものです。特にニシキヘビの仲間でよく見られます。

こちらでもすべてビルマニシキヘビで見られました。



このビルマニシキヘビも現在治療中です。だいぶ良くなりましたがまだ完治してないようです>_<。治ったと思っても実は治っていなくて再発、という苦い経験があるので徹底的に治療しなくてはいけない病気のひとつです。

重症になる前に治療を開始すれば治療には比較的よく反応する病気でもあるのでやはり早期発見早期治療が大切ですね。どんな病気でもそうですが>_<

ちなみにこちらでは大蛇を治療する際にはヘビ担当に保定してもらってます。前のところではひとりで治療してグルグルに巻かれてましたから
水芭蕉復活計画
2013年05月23日 (木) | 編集 |
園内でとても小さな元‘池’を見つけました。昔は水が常に流れ込んでいて水も溜まっていたようです。



現在では水も溜まっていません。
そんな状況の中、水芭蕉が生えているのを発見!これにまた花を咲かせてみよう!!

…というわけでとりあえず水を張ることにしました。



『水』はなんとなく気分をよくしてくれます
園内にいくつか池を作れたらなと思案中です。まずは第一弾として、水芭蕉池復活へ!

植物を、見栄えよく長期的に管理するのは大変です。ある意味動物以上かも。なんとか途中で飽きずに⁈続けていけたらな、と思っております。
気持ちの良い季節になりました♪
2013年05月22日 (水) | 編集 |
草津はさわやかな高原の風が吹き抜けています





これから夏にかけてはオススメです




園内の花壇にも新しく花を植えました

夏でもむし暑さがないし、ぜひ癒されに草津温泉にお出掛けください



森林浴全開
流血の惨事
2013年05月16日 (木) | 編集 |
ついに流血するに至りました。
額を血がつたい、目に入るほど…
反撃に出たのは言うまでもありません。
あまりにも凄惨なため詳細の公表は差し控えたいと思います
詳しくは直接どうぞ



樹上のトカゲ
2013年05月14日 (火) | 編集 |
こちら草津熱帯圏の展示方法としては、昔ながらのケージ飼育とやや広めのスペースに放し飼いという大きく分けて2種類の展示方法をとっています。

サルやオウムなどは基本的にケージ飼い。爬虫類もヘビやトカゲなどほとんどはケージ飼いです。特にヘビやトカゲの場合はその体や行動の特徴から逃亡という問題があるため、なかなか現状では放し飼いをするのは難しい状況です。そんな中唯一放し飼いにされているトカゲがっ!



ウォータードラゴンというみどり色のトカゲ。カメの飼育場に植えてある木にいつも登っています。このドラゴン、葉の緑に同化しているのもあり、お客さんにあまり気が付かれないみたいです(^^;;



こちらにお越しの際は見つけてみてください
(地上ではカメたちが食事中


現在、このトカゲのような飼育展示方法が他の動物でも可能かどうか考えています。こちらの特徴として、「動物との距離が近い」「多くの動物に触れ合える」などがあります。その特徴を維持しつつ、なおかつ動物の自然な姿を見せる、ことも取り入れたいなと考えています。それには今までにない感性と実行力、統率力が必要です。それにマネー…(ーー;)。クリアしなくてはいけないことは多々ありますが、より多くの人に楽しんでもらうためにはやらねば(他のことでも)ならないんじゃないでしょうか?どうでしょう?
すくすく…
2013年05月09日 (木) | 編集 |
今月2日に産まれたカピバラの赤ちゃん、元気にすくすく育ってます(^ ^)



まだ生後1週間なのにまりも母さんと同じエサを食べ始めてます。





まだおっぱいも飲んでますけど(^^)
完全に乳離れするのはもう少し先ですね。

干し草も食べてます~





それにしても、まりものお母さんっぷりには正直驚いてます。常に気にしてますし、お尻を舐めて排泄を促してますし、人間が飼育場に入ると子供を守ろうと自分のデカい体に隠そうとするし、カピバラが(と言っては失礼ですが)ここまでするとは思えませんでした。知らなかっただけですが。まりもが自分の体で無神経に赤ちゃんをつぶしてしまうんじゃないかと心配したのが恥ずかしいです。貴重な体験をさせてもらってます。

親子(人間も)とはこうでなくてはいけないんじゃないかと思わされます。まあ単純に比較はできませんが。

これからが楽しみです母子の仲睦まじい姿を見にきてください。



一方の父まもる。
自分が父親だとわかってるんでしょうか??^^;
カピバラの赤ちゃんうまれました!
2013年05月02日 (木) | 編集 |
今日・2013年5月2日木曜日、カピバラのまりもが赤ちゃんを出産しました。明け方出産したようです。どうやらひとりっ子。



カピバラは産まれたときにはすでに眼も開き、毛も生えていてすぐに歩けます。まさにミニチュア版^ ^









お母さんになったまりもにぴったりと寄り添ってます^ ^















まだよちよち歩き(^^)

アノ男勝りのまりもがちゃんと母親の役目を果たせるのか少し心配でしたが、しっかり気にしてるようなので大丈夫みたいですね~
あの巨体に押しつぶされないかが若干心配ですが(^^;;




特にこちらで手出しする必要もないようですのでそっと見守っていきたいと思います。

バリバリに公開してますので見に来てください
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。