スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
愛の巣窟
2012年11月29日 (木) | 編集 |
このたび、草津熱帯圏に新しい仲間が加わりました。

ミーアキャット、カピバラ、ワタボウシパンシェです。
それぞれオス♂。
メスはもともといたので…ということは上手くいけば2世誕生!?

相性の問題もあるのでどうなるかはわかりませんが楽しみではあります^^

まずは、ミーアキャットからご紹介します。


DSC0658220.jpg
到着した直後。
性格はよさそう

DSC0659820.jpg
元々いたメスともこのとおり。
仲良くやっていけそうです。
とりあえずひと安心。。

DSC0659620.jpg
これが2匹の愛の巣窟。
なんとさっそくなことしてました。最初は外でシテましたが、人目を気にして恥ずかしそうに2匹でこの寝室へ。デリカシーがあるんだなー(笑)

DSC0662820.jpg
その後もラブラブな様子
これは期待できるかな~

仲睦まじい様子を見に来てください


スポンサーサイト
熱帯ドーム内はあったか♪♡
2012年11月26日 (月) | 編集 |
世の中寒くなりましたね

草津温泉も冬の気候に。。
朝晩は氷点下になってます(心も氷点下

しかしここには温泉と熱帯圏があります
身も心もあったまりますよ。

DSC0652920.jpg
熱帯ドーム内では花も咲いてます

DSC0653020.jpg

DSC0660620.jpg

DSC0660520.jpg

DSC0660820.jpg

外は雪でも中は熱帯圏。
この中でいろいろな動物たちを飼育展示しています
ゆっくりと動物たちと触れ合ったり、お話ししていかれるお客さまもいらっしゃいます^^
冬は外寒いし、そんな過ごし方もいいかもですね~

自分のメイン仕事場もこの中なのでいつも半袖で仕事しています
そして事後は温泉に(←これがないとやってられん。)

巳年‐ヘビ‐草津熱帯圏
2012年11月17日 (土) | 編集 |
皆さま、来年は巳年(へび年)ですょ

草津熱帯圏にもヘビはいますんで。

DSC0656318.jpg
熱帯ドーム内のヘビコーナー

DSC0656818.jpg
ドドーンとアミメニシキヘビ

DSC0656618.jpg
黄色いビルマニシキヘビも(おとなしいです。)

その他にもいろいろ

DSC0657218.jpg

DSC0657018.jpg

DSC0657118.jpg

DSC0631418.jpg

※ココには緊迫感あふれる猛毒蛇や大蛇はいません。世話は楽


そして、さわっていただけるおとなしいヘビもたくさんいます!

巳年に向けて、ヘビとの記念撮影はいかがですか~
なんとこちらはタダ

年賀状に…
そして来年いいことありますように幸運を呼ぶヘビちゃんたちにふれてみませんか

DSC0655918.jpg

DSC065611.jpg

DSC065568.jpg

DSC0655118.jpg

DSC0654618.jpg

DSC0655318.jpg

※こちらは時間を決めてヘビとの記念撮影・ヘビとのふれあいを行っておりません。もしヘビが出ていなかった場合にはお気軽にスタッフにお声掛けください
 
お待ちしています~

草津熱帯圏はヘビだけでありません!サルたちやカピバラのTVスター「まりも」、ダマジカの「べス」などなどに触れたり、インコたちとおしゃべりもできます!

雪が降る季節になりましたが、この冬はぜひ草津温泉へ

ワニガメの治療
2012年11月14日 (水) | 編集 |
草津熱帯圏ではワニガメを数匹飼育展示しています。

そのうちの何匹かの手足の裏が化膿してしまったので
現在治療中です。

ご存じのようにかまれるとヤバいカメなのでかまれないように治療しています。ま、ワニガメに関しては飼育経験もあるし、初めてじゃないので治療するにあたりそれほど抵抗感はありませんでしたが。

しかし、治療の効果や治癒のプロセスはどうかなどはやってみないとわからん、って感じ

試行錯誤は続く……

DSC0629320.jpg
ワニガメの手にバンデ―ジを巻いたところ。

冬の足音
2012年11月10日 (土) | 編集 |
草津は日に日に寒くなってきました。
とは言え、まだ5℃とか。
朝には0℃とか。
どうってことないす

紅葉も町内はまだ見ることできます。

熱帯圏の園内も茶色の占める割合が高くなってきましたが、まだまだきれいに彩づいた木がありますょ。
DSC0652220.jpg
この木を撮るお客さんも

枯れた茶色になる前の黄色の葉も。
DSC0651620.jpg

深まる秋厳寒の冬へ

温泉を愛でるにはまたいい季節になりました。
暮らすのは…

イクメン
2012年11月07日 (水) | 編集 |
サルの仲間・マーモセットの赤ちゃんにミルクを与えています。
ときどき親が面倒みないことがあり、そんなときは人間の手で育てることになります。

今回、世話をしているマーモセットは母親が母乳を与えているのですが、体重が増えないため、ミルクも併行して与えたのです。担当スタッフが休みの日に週一だけ世話をしています。

DSC0626920.jpg

DSC0636920.jpg

9月19日生まれです。この種類は双子を産むのが普通ですが、残念ながら1週間後に1匹亡くなってしまいました。残る1匹はミルクを与えるようになってからは体重も増え、最近で果物や虫の幼虫なども食べるようになってます。

DSC0643220.jpg

この種類は父親もよく面倒みるのですが、この子の父親はあまり面倒みなかったため、現在は母親と2匹で暮らしています。

母子の様子を見ているとやはりサル…人間と同じグループの動物だけあって人間にそっくり。抱っこしたり、おんぶしたり…。ミルクをあげるために子どもだけ取り上げようとするとお母さん、怒る怒る

121104_1359~01

生まれてから約1か月半、好奇心も旺盛です


サルにミルクを与えるのは初めてですが、今までにいろいろな動物の赤ちゃんを世話した経験があったのでそんなに違和感なかったです。

まだしばらくはお母さんに甘ったれでしょうけど、元気に育ってほしいもんです

※この赤ちゃんは展示してませんが、先日生まれたサルの赤ちゃんは展示しています



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。