スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1日の流れ
2012年09月30日 (日) | 編集 |
草津熱帯圏での1日の仕事の流れについて簡単にご紹介します。

こちらにはヘビなどハ虫類もいますが、ホ乳類、鳥類も飼育していますのでエサの準備やそうじなどルーティンな仕事があります(ヘビだと毎日エサはやらなくてよかったですが。)。

加えて治療や「どうぶつたちのふれあい」などもあります。


以下に記す


まず、朝はカピバラやサイチョウなどのエサの準備。

「こいつら(←キタナイ言葉失礼)自分よりイイもの食ってやがる。。野菜や果物満載だし。ブツブツ」


その後、各ケージのそうじに移ります。
各スタッフで担当が決まってますが、曜日によってはフォローしたりで内容が変わります。今、主に担当しているところは、展示していないサルやオウムなどを飼育している部屋とサイチョウなどのケージです。
ここではう〇こ水にまみれてそうじをしますたまに顔に飛ぶし

そしてその後はヘビのケージのそうじへ。
『真』の担当スタッフは別にいますが、前職の流れ?からなのか、朝のそうじだけココでもやってます。まあいちばん慣れてる動物だし。ヘビについては後でまた紹介しようと思ってますが、こちらのヘビはみんなおとなしい!ま、BMなどキケンなヘビはいませんし

このヘビのケージそうじがだいたい10時から30分間くらいなので、この時間に来てもらえばボクの顔を拝めるかも


そしてその後は今度はサルやミーアキャットやインコたちのエサ作り。

「またしても自分よりイイもの食ってやがるブツブツ…。野菜や果物だけでなく、動物性タンパク質まで補給してもらってさブツブツ…。」


それが終わるとだいたいお昼になります


午後は、各ケージを消毒を兼ねて念入りにそうじします。
そして治療がある場合は治療したり(これは午後に限らず必要に応じてやってます。)、それからヘビなどのふれあいも行うことがあります(ハイシーズンには午前中から行います!)
「ふれあい」もやはり前職の流れ?からなのか、ヘビを担当することが多いですが、トカゲなどもたまに。また調べもの(勉学)なども午後に行うことが多いですかね。

午後は日によって仕事内容が変わってきますが、午前よりは時間が取りやすくなりますので、会いたい人は午後に来てください会いたくないって?チェ)

夕方になるとまたケージのそうじしてだいたい終わり


そして身も心もさびしい草津の夜が更けていくのです

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。