スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サルの治療
2012年05月29日 (火) | 編集 |
草津に来ていくつか治療を行いましたがやはり困ったのがサル
経験ないし、なんと言っても人間と同じ仲間だし。。
なんか今まで治療してきた動物とは違和感みたいなものがあります。

治療したのは…

DSC0597320.jpg

エリマキキツネザルという種類です。
名前は「リッチー」
5才くらいの女の子。
やんちゃ

このリッチーが、元気消失・食欲不振・おう吐といった症状を呈したのです。

さてどうしたら?

とりあえずイヌやネコだったらこういう治療するかな、って考えて飲み薬、注射、点滴を行いました。参考にできるようなテキストもないし、まだこの種類の特徴もつかんでないし・・・
しかもこのリッチーは人口哺育のためか特定の人間にしかなついてなくて(ちなみに自分は嫌われてる?)保定をしてもらわなくていけません。前職ではヘビの治療を保定も含めてひとりでやってしまうことが多かったですが、このサルではそうはいかん。皮下注射などはイヌとかと同じ感覚でできましたが(でも皮ふのゆとりがあまりなかった)、問題は経口投与。どんな反応をしてくるのかがわからないので。。。案の定かみついてこようとしましたが、イヌやネコなどに飲ませるときと同じように口をガッとおさえて薬を飲ませました。まあ何回かやってるうちに、リアクションとかつかめてくるのでなんとなくだんだん慣れてきましたけど。

そんな感じで重たい気分になりながら治療してました。

吐くのがなかなか治まらなかったのですが急に!?良くなり今ではシャキシャキ動いてます

これからも『初』の体験ばっかりだと思われるのでなんとかやりくりしてくしかないようです


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。