スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スネークセンターの仲間たち
2011年06月12日 (日) | 編集 |
今日はヘビ以外の動物をご紹介

DSC0496514.jpg

フトアゴヒゲトカゲです。
治療歴:けっこうあり。その都度回復

DSC0496714.jpg

グリーンイグアナです。
治療歴:アゴにうみがたまった。麻酔かけて治療。
    治療中、麻酔が効いるかと思っていたら、突然暴れてびっくり
    効き方が一定ではないんですね、爬虫類は

DSC0500414.jpg

ホルスフィールドリクガメです。
治療歴:1回。症状:元気消失。その後元気回復。
リクガメはこの時期外がよく似合う


トカゲやカメは、ヘビとは生命を維持するために要求するものが異なります。生物という大きな枠組みではどんな動物でも基本は共通してますが、細かい部分ではそれぞれの種類やそのときの個体個体の状態などにより、必要なものや必要なものの要求量や質などが変わってきます。生息環境も異なりますしね。

例えば、紫外線。
上の動物たちは基本的には屋内で飼育していますが、屋外に出してやったり、窓辺で直射日光にさらしてやると、明らかに喜び?ます(行動が違う、という意味です)

爬虫類用の良質なライトも市販されてますが、太陽光に勝るものはないでしょう!
ちなみに冷え症の自分も冬季の太陽熱には感謝してます。どんな暖房器具よりも明らかに体が暖まります。ただ、シミには注意・・。そんなに当たっている時間も実際にはないですけど。。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。