スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日から今日
2011年04月29日 (金) | 編集 |
GWに入りました。
大震災の影響で出足が鈍ることが懸念されていますが、今朝の出勤する車の中で聞いていたラジオで高速が渋滞していることを聞いて正直ホッとしました。先日、被災地の石巻と女川へ行ってきましたが、やはり過度に自粛せずに普通の行動をしてほしいと言ってました。

さて、スネークセンターはGWは当然開場!
よってわたくしはGWは休みではない
まあもう慣れたし、より多くの人と話ができて楽しかったりするし

昨日は、いつもどおりのヘビの世話とか治療をして、午後は今日開催されたペット爬虫類コンテストのためのテント張りなどしました。
治療しているのはボアですが、思わしくありません。
きわめて厳しいと言わざるをえません。自責・・

そして夕方やや早めに切り上げて知り合いの動物病院へ。
スネークセンター飼育のグリーンイグアナに膿瘍ができたのでそれを治療しに。
一応麻酔をかけて治療することにしたので麻酔器や手術室を借りることにしました。
スネークセンターではできないこともあるので、ときどき動物を連れて出向くことがあります。

終了後、麻酔の覚めたイグアナをスネークセンターへ連れ戻しました。
なんだかんだで帰宅は遅くなりました

DSC04830giguana.jpg

(今日のイグアナ。エサも食べました。)

そして、今日は第11回ペット爬虫類コンテスト。

DSC04828petcon2011.jpg

みなさん盛り上がっているのを尻目にひとり「ヘビといっしょに写真を撮ろう」を担当していました。
蚊帳の外…
でも、驚くくらいに多くの常連さんが来てくれて、さびしい思いもせず楽しいときを過ごすことができました。ありがとうございました!でも、来てくれた子どもたちよ、一度にみんなで話しかけないでぇ(笑)。

終了後、ヘビの世話をして、

DSC04829boa.jpg

(そうじ中おとなしくびくのふたの上で待っているボア。ほとんどのヘビは、ケージをそうじするとき別のケージに一時的に移しますが、こういうのんびりした(すぐ逃げようとしない)ヘビは、ポンと適当において待っててもらいます。)

そして、トイレ・通路のそうじをして、

それから、焼きそば(おそ~い昼食)を食べ、新聞(上毛)に目を通し(←最近、重視している1日の中の作業です。)、帰宅

うさぎ×3にエサをあげて自分のエサ時間






スポンサーサイト
あごひげ
2011年04月23日 (土) | 編集 |
DSC0480015.jpg

あごに脱皮殻が残ってるアメリカマムシ。
仙人!?みたい

これも脱皮不全の一種と言ってもいいのでしょうが、
まず支障がないので放置です

そのうち取れるでしょう。。

まだ残ってるかもしれないので、見たい方は、子ヘビコーナーへお越しください
取れちゃってたらすいません

脱皮不全も程度がいろいろなので、対処(治療)もいろいろです。
ヘビの種類や年令によってもなりやすい、なりにくい、があります。



母校
2011年04月21日 (木) | 編集 |
久しぶりに母校へ行ってきました。

日本獣医生命科学大学。
自分らのいたころは、日本獣医畜産大学…現在は、「畜産」とか「水産」という言葉は、校名から消えつつあるようです。

DSC0479614.jpg

これは正面の建物。
ほとんど昔のままで、由緒ある建築物のようです。



DSC0479714.jpg

DSC0479814.jpg

当時はこんなにきれいじゃなかったのにさ
こんなキャンパスで過ごしたかった…。
敷地面積は変わってないけど(とにかく狭いキャンパスでした)。

ここで6年間学んだのです。
キャンパスの環境を除けば、楽しかったですね
現在は実習用の牛や羊はいないようです。
当時は敷地内にいてにおった・・。

DSC0479914.jpg

3年生になると、各研究室に所属するのですが、
ワタクシは、「蛇病学教室」に…
ではなく、「魚病学教室」に所属してました
ヘビのことは一切学びませんでした。
サカナの病気ですね~。

うなぎ食ったり、ヒラメ食ったり、楽しかったです♪
食べてばっかじゃなかったですよ

恩師や学生さんとも話ができて有意義な時間を過ごせました。
ちなみに恩師はヘビがきらいです。


大学のときに専門でやっていた分野をそのまま仕事としてもやっていけるかというとなかなかそうもいかず、同級生で魚関係の仕事をしている人はゼロです。後輩で水族館で働いている人はいますけど。

自分の場合、よりによってヘビの道に行くとは…。
なぜなんだ?



花センター
2011年04月15日 (金) | 編集 |
DSC04680flower1.jpg

園内で自然発生的!?に咲いた花。
種類分からず(調べる気なし
うすい紫色で主張し過ぎずでなんとなく惹かれる花です。



桜は満開ですがそろそろ散り始め、はらはらと舞う中、花びらの積もった路を散策可。

DSC0477815.jpg



タンポポもいつのまにかいっぱい咲いてます。
ありふれたふつうの野の花ですが、一面に咲いていると意外にきれい

DSC0477715.jpg






あ、ここは、花センターじゃなく、ヘビセンターだった…

DSC0468515.jpg

野外飼育場のシマヘビです。
冬眠場所の出入り口から顔を出してたので、写真を撮ろうとしたら、ズリズリ奥に入っていこうとしていました。シャイなヘビです


そして、黙々と日々治療行為をしております(現在はボアとマムシ)。
かと思えば、派手にアスファルトをハンマーで叩き割ってます。
かなり爽快!



うれしい知らせ
2011年04月10日 (日) | 編集 |
少し前に作った「ブラックマンバ最強お守り」を購入していただいたお客様が、「合格しました!」と報告してくれました。

うれしいです

DSC0449013.jpg

DSC0448813.jpg


やはりブラックマンバ強し。。


DSC0468413.jpg

いまいちいい写真じゃないですが…

『餌食べた直後で身重なくせに上に登ろうとしてやっぱりうまく登れなかったブラックマンバ』



スネークセンターの仲間たち
2011年04月04日 (月) | 編集 |
DSC0466015ao.jpg

なんのことはない、アオダイショウです!
が、侮ることなかれ。
最も身近なヘビと言ってもいい種類ですが、よく見ると「目つきがかわいい!
とお客さんによく言われてます♪
イベント「ヘビとのふれあい」で登場してきます(この写真の個体ではないけど)。

病歴・治療歴:このアオダイショウはありません。
         過去にはいろいろな病気にかかったアオダイショウがいました。



今日はもう一枚!

DSC0466415.jpg

園内通路でニホントカゲがひなたぼっこをしてました

園内を歩いているとこのニホントカゲとカナヘビにはよく出会えますょ。



左手
2011年04月02日 (土) | 編集 |
今日は気味悪い?写真を。

110402_1801~01-1

マイ左手です


治療するとき、この左手でいろいろな動物を保定してきました。
ここ最近は、ほとんどひとりで治療行為を行うので、左手でおさえて右手で注射したりといったスタイルがほとんどです。
よって大切な左手なんですね~。

特に、この左手の手のひらにすっぽりとほぼ全身が収まるようなサイズの動物たち…ハムスター、スナネズミ、セキセイインコ、ブンチョウ、ハリネズミ…スネークセンターに来るようになってからは、フトアゴヒゲトカゲやいろいろなカメ、今だとトッケイヤモリ。
ヘビはさすがに収まりきりません

前にも書きましたが、素手の感覚を大事にしているので保定は基本的に素手です。
(小鳥類は冷えてしまうということもあってタオルを使うことが多かったですが。末端冷え性のため、やたら手の温度が低いのです

動物たちの状態を感じ取ってきたこの手のひら。
動物たちの最期を迎えたこともあるこの手のひら。

そして、
まだまだ未熟な手のひら。

まだまだがんばらないと。

&大事にしないといけませんね

p.s.手首にあるキズは、グリーンイグアナに引っ掻かれたキズです



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。