スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皮ふの艶
2011年03月05日 (土) | 編集 |
ヘビの皮ふは角質であるうろこでおおわれています。
そしてご存じのように古い皮ふを脱ぎ捨てて新しい皮ふになる「脱皮」をします。

この脱皮は、諸条件の影響を受けていて、うまくいかないこともあるんです

目のうろこを含めて全身が脱皮しますが、
頭だけ残ってしまうことも・・。

DSC0452313.jpg

このアカマタというヘビ、頭(顔も)だけ残っています。

DSC0452413.jpg

ヘビの種類や状態などによっては放置することもなくはないですが、
そんなに時間のかかる面倒な作業でもないので、こちらで取っちまうことが多いかも
顔に残っているとおそらくヘビの方もツッパリ感を感じているでしょうし、餌を食べなくなるケースがほとんでなので。

ただし…
この処置をするにあたっては上の写真のようにヘビをつかまえなくてはいけません。。

しかもこのアカマタというヘビはよくかみついてくるヘビです。
「とんねるずのみなさんのおかげでした」にも何回も出演しています

DSC0452713.jpg

残った古い皮ふを取った後↑
艶が戻ったでしょう?

わかりにくい写真かもですが

このアカマタは尾の先にも古い皮ふが残っていました。
見落としがちなところですが、締め付けにより尾が壊死して脱落してしまうこともあります。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。