スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
疲労度
2011年01月31日 (月) | 編集 |
仕事というものは職種・仕事内容などで程度の差こそあるでしょうが、疲れるもんです

スネークセンターでの獣医としての仕事は、飼育動物(主にヘビ)の治療。
治療と言っても、そのときどきで内容も違うし、動物の種類も違うし、数も違うし…。
しかもココの場合、『ヘビ』という獣医にとっても特殊な動物なので。。
しかも大蛇や毒蛇などもいますし。。。

不思議と治療を要する動物が重なったりするので、何匹ものヘビたちを治療しなくてはならないときもあります(今がそれっぽい)。こういう状況はやはり疲れます。
そして、ニシキヘビなどサイズのデカいヘビを治療するときも疲れます。精神的だけでなく、肉体的にも・・。3年前にニシキヘビたちを数匹治療しなくてはならないことがあり、そりゃもう大変でした。数十キロですからね、体重が。長いし。
以前、病院に勤めていたときに、シェパードとアラスカンマラミュートという大型犬が同時に入院していたときがあり、院長が「デカいのがいると精神的に疲れるな。」と言っていたのを思い出します。
アミメニシキヘビなどを治療するときはある意味「格闘」ですからね
逆に小さいのも違う意味で疲れます。
数グラムのマムシの赤ちゃんを治療したことありますが、体のサイズが小さい分気をつかいます。注射する薬の量を計算すると、「0.00031ml」みたいな。。「おいっ!どうやって注射ポンプに吸うんだ。」って感じです。まあ計算する前からわかっていることですが、数字を見るとあらためて

というわけで、スネークセンターの場合、このような獣医師としての仕事以外にもいろいろあるわけで、シャキシャキ頭使って効率的にやっていかないといけません。新しいことも考えないといけませんし。あとは仕事がらみで外部のいろいろな業種の人に接触すること。これも疲れたりしますが、得るものも多いので

現代を生き抜くには今までどおりではいけないのです!

…と自分に言い聞かせる今日この頃。
しかし、同時にいろいろなことをやろうとするのも大変(無理)っす
とりあえずヘビたちの治療は必須なのでしっかりやりたいと思います。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。