スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大蛇に巻かれる獣医
2010年09月28日 (火) | 編集 |
こちらスネークセンターにはとにかくいろいろなヘビがいます。毒蛇もいれば大蛇も。大きさや気性もそのヘビによって違うので、治療をする場合には頭に入れて望む必要があります。毒蛇も気をつかいますが、大蛇もかなり大変です。それは…デカいから(--;)。アミメニシキヘビ、アフリカニシキヘビ、ビルマニシキヘビ…おなじみの大蛇たちを治療せねばならないときはほんとーに憂うつになります。イヌやネコ、インコ、ハムスターなど一応治療経験ありますが、いろいろな動物の中でもヘビへの治療行為そのものはそれほど大変だと思いません。そこそこのサイズのヘビであれば、保定(治療などするとき動物を極力動かないようにおさえること。非常に重要なことです)もひとりでした上で治療も行えることが多いですし。しかしヘビでも大蛇となるとそう簡単にも行かず、かなりパワフルだし、首ねっこをおさえつけると余程弱っていない限り、ドッタンバッタン大暴れ!もしくは大蛇など無毒ヘビの最大の特徴である『巻きつき』。アミメニシキなどに何回か治療中に巻きつかれたことがありますが、それはそれはものすごいパワー。ネックにまともに入ったらおちることでしょう。ここでお話ししておきたいのは、大蛇に巻きつかれることは基本的にあってはならないことです(まあふつうはあり得ないでしょうけど)。こちらも極力そうならないようにはしています。危険だし、ヘビにとってもものすごくストレスなことだからです。でも…ここはなかなか理解しにくいと思いますが、場合によっては巻きつかれていた方が治療がしやすいということもあるんです。ある意味動物が静止している状態になるからです。巻きつかれてる隙にさっさと処置してしまうのです。もちろん巻きつかれ方や巻きつかれた場所、治療内容によってはどうにもならないこともありますけど。変な話になりましたが、これも仕事上のことです。でも滅多にあることではありませんので。これをやってヘビが回復したときはとりあえず一安心です。でも大変

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。